menu

手続きが難しそう… – やってみよう!会社設立手続き

HOME » 手続きガイド » 手続きが難しそう…

手続きが難しそう…

会社設立してみたい、でも手続きが難しそう…そんな風に考えている人も多いのではないでしょうか?
せっかくいいアイディアがあってやりたい意欲もあるのにネガティブなイメージで躊躇してしまうのは非常にもったいないことですし、諦めたことによって後悔してしまう可能性も高いです。
そしてまずはっきり言っておきたいのが会社設立はきちんと計画的に進めれば決して難しいことではありませんし、誰でもできます。
必要な手続きを調べているうちに分からない言葉が出てきたりするとそれだけで難しいイメージを与えられますが、よく読んでみるとそんなことはありません。

たとえば定款って何?登記ってどうやるの?という程度の知識でも必ずできますし、そもそも定款も登記も難しく考えるものではないのです。
定款は行ってみれば会社のルールブックのようなもので、会社の組織をどうするか決めたり、運営方法や業務内容など決めたことを記しておくものです。
確かに書き方は初めての人だとやや難しいかもしれませんが、公証役場で聞けば教えてくれますし、最近では電子定款と言って専用ソフトを使った方法で作成できます。
また専門家に任せる手段もあり、この場合だいたい5,000円程度なので分からなければ専門家に依頼してその後内容を確認するという流れでもいいでしょう。
さらに登記は会社としての登録手続きですから、定款の作成よりもずっと簡単ですし法務局で行うので分からないことはその場ですぐに確認できます。

このほかにも資本金の集め方や会社の運営方法など悩みどころはあると思いますが、すべてにおいて専門家がいますので、そういった人と一緒にやっていくといいでしょう。
会社には基本的に顧問契約している税理士がいるもので、会社設立の時点から携わっている人も少なくありません。
税理士の中には中小企業診断士や社会保険労務士の資格を持っている人も多く、そういった人に任せれば会社設立のアドバイスはもちろんその後も力になってくれます。