menu

手続きに必要な書類 – やってみよう!会社設立手続き

HOME » 手続きガイド » 手続きに必要な書類

手続きに必要な書類

会社設立の手続きにはいくつか必要な書類がありますが、これは主に登記の際に必要になるものを見ていくと分かりやすいと思います。
そこで今回は登記の際に必要な書類を紹介していきますので、最終段階でつまづかないようにチェックしておきましょう。

まず最初に登記申請書が必要になりますが、これは文字通り登記を申請する書類で、申し込み書と考えてください。
登記申請書は法務局で作成することができますから、書き方等分からなければ職員の人に尋ねて記入します。
この際に代表取締役の印鑑と会社の実印が必要になりますので忘れないようにしましょう。

次に登録免許税の支払いに必要な収入印紙を貼り付けたA4用紙で、これは登録免許税の費用分を用意します。
株式会社の場合は150,000円、合同会社の場合は60,000円になりますから間違えないように注意してください。
また、登記すべき事項をまとめたもの(CD-Rなど)も必要になりますし、認証が終わった定款も持って行かなければなりません。

そして発起人の決定書や取締役・代表取締役・監査役の就任承諾書も用意しておく必要があります。
これらの書類はそれぞれ該当する人の捺印と個人の実印を用意しなければなりませんので覚えておいてください。
さらに取締役全員の印鑑証明書、払い込みを証明する書類、印鑑届出書も提出しなければなりません。

このように登記の際には提出すべき書類が多いですから、あらかじめきちんと確認して忘れないように注意しましょう。
ここで紹介している書類はあくまでも登記の段階で必要になるものだけなので、そのほかにも用意しなければならない書類はあります。
たとえば税金関連の書類を税務署などに提出したり、会社設立したことを証明する書類を会社の所在地にある市町村役場などに提出しなければなりません。
会社設立の順番を計画して、その都度必要書類は何か分かるようにしておくとその時点で忘れることもなく安心だと思います。