menu

会社設立のスケジュール – やってみよう!会社設立手続き

HOME » 手続きガイド » 会社設立のスケジュール

会社設立のスケジュール

会社設立に向けて最初にやることと言えば手続きのスケジュールを考えることだと思いますが、ここではいかに効率的に進められるかがポイントになります。
重要なのは各項目に分けてスケジュール調整することで、二度手間にならないように工夫しなければなりません。

まず最初にやることは会社設立に向けた基本的な準備で、これは会社名や会社の所在地、業務内容を決めることです。
ここが決まらなければ方向性も定まりませんし、どこにいくらお金がかかるのかも決められませんから一番はじめにやるべきことと言えるでしょう。

次に定款の作成や認証に向けた準備で、そのためには機関設計や資本金の額を決めておかなければなりません。
機関設計とは会社の組織を決めることで、誰を役員にするのかなど人事をはじめとした定款の基盤になる部分を明確にすることです。
そして定款の作成は現在電子定款が主流となっているので、専用ソフトで作成するのもいいですが、初めての場合時間もかかりますから専門家に任せたほうがいいかもしれません。
だいたい5,000円程度でできますから、紙で行うときにかかる手数料40,000円に比べたらずっと安く抑えられます。

その後登記書類を作成して登記を行い、会社としての登録を行います。
このときに登録免許税の支払いがありますから、株式会社の場合は150,000円、合同会社の場合は60,000円を用意してA4用紙に収入印紙を貼り付けて提出しましょう。

それが終わったら今度は開業手続きをするために銀行口座を作ったり、税務署や市町村役場へ届出を行います。
届出方法は業種によって必要になるものとそうでないものもありますから、その点もきちんとチェックしておきましょう。

最後に助成金の申請を行ったり、会社で使う備品の購入やインターネット回線の手続きなど開業に向けた準備を進めていきます。
簡単に流れだけ説明しましたが、だいたいこのような感じでやっていけばスムーズだと思います。