menu

手続きは自分でやるとお得? – やってみよう!会社設立手続き

HOME » 手続きガイド » 手続きは自分でやるとお得?

手続きは自分でやるとお得?

会社設立したい人の中には、手続きはすべて自分でやりたいと考えている人も多いと聞きます。
その理由の多くはできるだけコストをかけたくないというものですが、実際にすべて自分でやると安く会社設立できるのでしょうか?

まず会社設立手続きの手順を見てみると、会社名や会社の所在地、事業目的は自分だけで決めても問題ありませんし、むしろ自分で決めるべき部分なので積極的に情報収集してください。
次に会社で必要になる印鑑類も自分でできますし、印鑑登録や印鑑証明なども役所で手続きするだけなので簡単です。
さらに機関設計や銀行口座の開設、資本金の準備や振り込みも特別なことをするわけではありませんから、自分でやって問題ないでしょう。

そして会社設立時の手続きで難関となるのが定款の作成・認証で、ここは自分でやるか専門家に任せるか一番の分かれ道と言えます。
会社設立の定款認証は機関設計で決めた内容であったり、その他会社の決まり事を記載するものですから、できるだけこだわりたいという人も多いですし、だからこそ自分で作りたいと思う人もいます。
ただ定款の作成は専門知識が必要になりますし、専用のソフトなど作成にあたっての導入コストがかかります。
したがって電子定款にしたとしても専門家に任せるよりコストがかかってしまうのは間違いありません。
紙の定款だと収入印紙代は40,000円かかりますし、ここは専門家に任せるのが一番安上がりで確実だと思います。

定款の作成はだいたい5,000円程度からやってくれるところがほとんどですから、収入印紙代や電子定款の導入コストを考えるとはるかにコストダウンになりますし、自分の思い描いているものをきちんと形にしてくれるので安心です。
定款の認証が終わればあとは登記をして、税金関連の手続きをしたり各種届出や助成金の申請などをするだけなので簡単です。
コストのかかるところは専門家に任せ、そうでないところは自分でやるという形にすれば安く会社設立できます。