menu

手続きの注意点 – やってみよう!会社設立手続き

HOME » 手続きガイド » 手続きの注意点

手続きの注意点

今、自分の会社を持ちたいと考えている人が増えているそうですが、これはインターネットなどの世界的な普及によってマーケットが拡大し、事業をはじめやすくなったことが大きく影響しています。
しかしやりやすくなった一方で、安易に会社設立しようと考える人も多くなり、失敗するケースも増えているそうです。
そこで今回は会社設立前に知っておきたい注意点についてお話していきますから、これから事業を起こしたいと考えている人は覚えておいてください。

はじめに会社設立するということは法人化するということになるので、会社法のもとに運営していかなければなりません。
会社で扱うものや売り方が法律に抵触していれば違法になってしまいますので、いくらやりたいからと言ってもすることはできないのです。
したがってまずは自分がやりたい事業や売り方が違法になっていないか確認する必要がありますし、ここを間違えると無知による法律違反で廃業になり、自分だけでなく一緒に働いている人にも迷惑をかけてしまいます。

さらに会社名や商品名の中には二次利用できないように登録されているものがあり、それを知らずに使ってしまうと違法になります。
ですから会社設立時には必ず商標調査を行い、会社名や商品名に問題がないか確認しなければなりません。
商標調査は専門家に依頼すると簡単にできますし、コストも高くないのである程度会社の方向性が定まったらチェックしておいてください。

このほかにも定款の作成方法や登記のやり方など専門知識を必要とすることがありますし、知っておいたほうがお得な助成金・補助金の制度などもありますので、会社設立時には詳しい専門家の力を借りることをおすすめします。
特に初めての会社設立は分からないことのほうが多いですし、手探りで進めていくことになりますから、分からないことをすぐにアドバイスしてもらえる存在がいたほうが心強いでしょう。
注意点はどこか分かっていれば設立からスタートまでよりスムーズになるはずです。