menu

会社設立は簡単? – やってみよう!会社設立手続き

HOME » 手続きガイド » 会社設立は簡単?

会社設立は簡単?

よく会社設立手続きが難しそう…と言われますが、実は計画的に進めていけばけっこう簡単にできてしまいます。
期間もそれほど長いわけではなく、早ければ2週間程度でスタートさせる人もめずらしくありません。
それでは会社設立手続きを簡単にするためにはどんな工夫をすればいいのでしょうか?

まずはじめにやるべきことをあらかじめ整理して、順序立てておくことで、これができていればスケジュール通りに進めていくだけなので難しくありません。
計画するときにひとつひとつ項目分けしてこなしていくとより分かりやすいでしょう。
たとえば会社名・会社の所在地・事業内容を決めるところをひとつの括りにして、次に機関設計や資本金の設定などを決めます。
その後印鑑の準備や個人の印鑑証明を用意し、それが終わったら定款の作成・認証をします。
最後に登記を行い、税金関連の手続きなどを税務署に行ったり、各種届出を出したりして手続きは完了です。

また、自分でできる部分と人に任せる部分をあらかじめ分けておくと自分の役割がはっきりするのでやりやすいですし、やることが少なくなるので時間も短縮できます。
特に定款の作成は専門的な知識が必要になりますから、自分でやるよりも詳しい人に任せたほうが早いですしコストも少なく抑えることができます。
定款は紙の認証にすると40,000円の収入印紙代がかかってしまいますし、自分でやるにしても専用ソフトを用意したりとコストがかかるので、あまり自分でやらないほうがいいかもしれません。
そのほかにも分からないことがあればすぐに相談できる人がいたほうが安心して進められますので、中小企業診断士や社会保険労務士の資格を持った税理士と顧問契約しておくことをおすすめします。

また行政書士の資格を持つ人も会社設立時には役立ちますので、どんな資格を持った人が力になってくれるのか調べてからスケジュールを立てるのもいいでしょう。
このように計画的に進めていくのが簡単にするポイントなのです。