menu

会社を設立する!手続きを自分で行うときのメリット・デメリット – やってみよう!会社設立手続き

HOME » 手続きガイド » 会社を設立する!手続きを自分で行うときのメリット・デメリット

会社を設立する!手続きを自分で行うときのメリット・デメリット

会社設立01

会社設立には2つの方法があることをご存知ですか。
1つは自分で手続きをする方法、2つ目は専門家に依頼をして手続きを行ってもらう方法です。
当然自分で会社設立を行えば、専門家に依頼する費用を抑えることが出来ます。
そこで、自分で手続きを行うメリット・デメリットなどを見ていきたいと思います。

・最大のメリットは費用を抑えられること!
会社設立を自分で行うときの1番のメリットは、費用を抑えられるという面です。
専門家に依頼をすれば電子定款で認証を受けられるため、収入印紙代を安くするメリットもあります。
しかし、専門家に依頼をしてしまうと、大体30,000円~50,000円程度の手数料が発生します。
手数料に関しては事務所などによって料金が異なる場合もあり、100,000円程度の高額手数料を求められてしまうケースもあります。
これらを考えると自分で手続きを行った方が、一定の料金だけで会社設立をすることが出来ますよ。
自分で手続きを行う場合は謄本の手数料が1ページに250円かかりますが、それ以外の公証人手数料などをすべて合わせても90,000円で会社設立が出来ますよ。
登記の申請を自分で行うことを考えると、登録免許税などを含めても合計で210,000円程度の費用で会社設立が出来ますよ。

・最大のデメリットは時間がかかる!
会社設立の手続きを自分で行う場合は、時間がかかるのがデメリットだと感じてしまうでしょう。
もちろん、専門家に依頼をすれば最短で会社を設立できるのですが、少しでも安く会社を設立させたいのであれば自分で手続きを行ったほうがいいでしょう。
自分で手続きを行う場合は、定款の作成や登記申請書類の作成などで時間がかかってしまうのですが、必要書類をあらかじめ用意しておいたり、流れに沿って順序良く書類を用意していけばそれほど時間がかかることもないでしょう。

このように会社設立には2つの方法があり、費用を少しでも抑えたいのであれば自分で手続きをしたほうがいいでしょう。
自分で手続きを行うときは手続きに時間がかかってしまうこともあるのですが、定款の作成・登記申請については流れに沿って書類を用意し、申請を行えばスムーズに手続きが出来ると思います。
自分で手続きをすることが不安だと感じたり、時間がかかるのは困るという場合は専門家に依頼をして手続きを行ってもらったほうがいいと思います。
会社設立は絶対に自分で行ったほうがいいとは言い切れないので、安い費用で依頼できる専門家に依頼をするのも1つの手段となります。