menu

会社設立に必要になるお金は? – やってみよう!会社設立手続き

HOME » 手続きガイド » 会社設立に必要になるお金は?

会社設立に必要になるお金は?

会社設立

会社設立を考える時に、どれくらいのお金がかかるのかは気になる点のひとつです。
定款の作成から登記までにかかる最低限の費用ですが、株式会社の場合なら電子定款の場合は不要ですが定款に貼る収入印紙代が4万円、定款の認証で公証人に払う手数料が5万円が必要になります。
また定款の謄本手数料として約2,000円程度、登記の際に必要となる登録免許税として15万円か資本金の額の0.7%のうち高い金額がかかって、合計で約21万円~25万円程度のお金が必要です。
一方合同会社の場合は、株式会社と同様に電子定款の場合は不要ですが、定款に貼る収入印紙代として4万円かかりますが、定款の認証で公証人に払う手数料と定款の謄本手数料は不要になります。
登記の際に必要となる登録免許税は、6万円か資本金の額の0.7%のうち高い金額になるので、合計で約6万円~10万円程度になるのです。
つまり、合同会社という形態を選択すれば、会社設立で必要となるお金は6万円になります。

ただ会社設立にあたってはその他にお金がかかるもので、登記までの費用以外にも法的な会社設立に直接関わる費用があるのです。
新しく設立する会社の実印作成代として約5,000円程度、設立時に必要な個人の印鑑証明取得費として約300円×必要枚数が必要になります。
また、新しい会社の登記簿謄本の発行費が約500円×必要枚数などがあって、合計すると約10,000円程度以上の出費になるのです。
その他にも通信回線の費用や事務所の賃貸料なども必要な費用としてありますし、事業を成長させたい、人を雇用したい、より多く稼ぎたいとなれば、ある程度まとまったお金が必要になります。
このように会社設立して事業展開するために必要なお金は開業資金だけではなくて、事業を回して行くための運転資金も必要になるのです。
実際に会社設立して事業を運営するためには多くの資金が必要になるので、いくらのお金が必要になるのか事業計画を立てしっかりと検討することが大切になります。

それから開業資金や運転資金だけではなくて、忘れてならない大事なお金になるのが生活資金で、事業とは別に会社設立後も生活していくだけの生活資金を確保しておおく必要があるのです。
起業後すぐに事業が軌道に乗るケースは稀で、この生活資金というのは盲点となりやすい点で、通常の生活ができなければ本業である仕事にも必ず影響してしまいます。
起業後半年間は売上ゼロというのは珍しくないので、最低でも半年分程度の生活資金は確保しておきたいところです。