menu

会社設立と税理士!開業費用は? – やってみよう!会社設立手続き

HOME » 手続きガイド » 会社設立と税理士!開業費用は?

会社設立と税理士!開業費用は?

会社設立

・会社設立を税理士にサポートしてもらう!
ここでは、会社設立手続きを、税理士にアドバイスを頼んだ場合の開業費用について、詳しく説明したいと思います。
会社設立の手続きは、自分でもできるのですが、専門家である税理士に相談をすることで、抜かりなく必要書類の提出や、開業後の税務署への届け出などを滞りなく終わらせることができます。
では、税理士にお願いした場合の費用は、大体どの程度が目安になるのでしょうか?

・税理士の開業サポート費用
税理士の中でも、司法書士や行政書士などの資格を保有し、開業サポートを行っている事務所があります。
そういうところに依頼をすると、書類作成の代行を請け負ってくれます。
この時の手数料相場は、大体5万円前後は目安となっています。
ただ、事務所によって費用が異なりますので、色々な事務所へ相談してみると良いでしょう。
ちなみに税理士に依頼するメリットとしては、開業後の事業計画書の作成支援などをしてもらえるということです。
これに関する費用も一番安いケースで5万円前後ですが、ケースバイケースといえます。

・税務処理を外部に委託
会計、いわゆる税務処理を外部の税理士に委託をして、自社に経理部門を置かないようにする方法もあります。
そうすることで人件費を大幅に削減し、コンパクトなスタイルで経営ができます。
従業員の数が少ない、まだ小規模な会社の場合は、本業以外の部分をアウトソーシングすると、メインの事業に集中することができます。
税理士にお願いできるのは、記帳代行や決算申告などです。
また、確定申告書の作成も行ってもらいますので、労力を大幅に減らすためにひいきにする税理士を探しておくと良いでしょう。

・集客アドバイスも受けられる
税理士は、税金の計算や会計処理をするだけではありません。
実際は会社の事業計画を考えたり、集客のアドバイスをする業務をメインとしてるところも多いです。
事務所によっては事業者同士をマッチングさせたり、資金調達の支援を行っているところもあります。
事業を早めに軌道に乗せるために、そういったサポートの導入を検討してみるといいでしょう。

・税理士費用は経費になるの?
當山税理士の費用は、会社の経費として計上することができます。
会社の売上に貢献するためのサポートですので、これは当然のことでしょう。
会社の経費として計上できるということは、会社の売上が黒字であれば経費として計上することで節税につながります。
毎年の確定申告も非常に楽になりますので、相談できる税理士事務所を一件は探しておきましょう。